cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

楽園の夜

店の中にいると、外が雷雨だったりすることも気付かなくて、誰かがやってきて開けた扉の向こうからどしゃぶりの音が聞こえて初めて知ることもよくあるし、店の前の通りが賑わっているのか、閑散としているのかさえわからないことのほうが多い。

静か、だけど楽園、と思うこともある。うちの店の中が。

お客さまはかなり少ない夜でも、最後に顔見知りの方が来てくれたりする、そんな夜は。

それでも店を閉めて外に出ると、名古屋市中村区椿町はどの店もすごく賑わっていて、道には酔っ払った若い人たちが2軒目を求めて歩いていたりするし、ラーメンの薀蓄を語る男子と一緒に歩く女子にもすれ違う。

うわあ、こんなに人がいるんだ・・・。

そして「いるのに・・・」と思って、あとは「・・・。」だ。

はい、余白には何が入るでしょう。

言いたかないが「うちは暇なのに」が正解ですね。

そう思ったりするんだけど、まあいいか、こんな店を好きになってくれる人も、少なからずいるかもしれないし、と思う。

心の中で、うちの店のいいところを数えてみる。

名古屋駅の近くで、

こんなに空いていて、

待つことなく座れて、

静かで、

そんなに高くない。

メニューにもよるけど野菜もお肉もごはんもバランスよく摂れるよ。

ああ、いいじゃないか。私だったら行きたいな、そんなところ。と自画自賛してみる。

 

それでも昨夜はお昼も夜もずっと、たくさんの方が来てくださって、それは古い友達、古いお客様、ここ数年よくきてくれる方、最近よく来てくれる方、初めての方などなどでいい感じに賑わってて、これまた楽園な夜でした。

 

今日は日曜日!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

f:id:mioririko:20170820105737j:plain