cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

物語がはじまる

それがいつだったかはっきりしないけれど、ある時からマタハリにマメに訪れてくださる。

お喋りが好きなようで話しかけて来られる方とはお話しするし、反対に、ひとりの時間を静かに楽しみたいのかもしれないと思う場合は話しかけない。

どんなお仕事なのか。何がすきなのか。そして誰なのか。

そういうことはずっと知らないままで。

でも、その人のお席はほぼ決まっている。

たとえば、ここで。

f:id:mioririko:20170713205523j:plain

その人のオーダーも、ほぼ決まっている。

穏やかそうな顔で、優しい物腰の人。

いつものものを食べて、そしてすぐに帰られる。

毎週、いつもの時間にいつもの席で。

そういう感じのお客様が、男女や年齢問わず、この16年間、いろんな時に、存在してて。

誰なのかはわからないので私はいつも、頭の中で想像したりするのだけれど。

 

最近、そういうお客様がまたひとり、増えた。

そういう人たちが来てくれて、マタハリの物語はまたはじまっていくのだなと思った昨夜。