cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

喋ろうとすると泣けてくる

私は昔から自分の仕事についての指針として

「今朝見た夢の話が出来るようなところで働く」というのがあります。

そこかい!とつっこんでください。でもマジで私、そこなんですよ。

接客業ならお客さんとそれぐらいの身近さで相対することが出来る場所、接客業じゃなくても職場の人とそんな話をしても許されるぐらいような環境で。

ま、それで人生のほとんどをそういう環境で仕事している私で、それは夢の話に限らず、映画やドラマや音楽の話だったりするわけです。

それで今日は、ランチ前に入った小林麻央さんが亡くなったというニュースを知ったわけです。開店前ぎりぎりに武田が、

「まおちゃん、亡くなったよ!」と言うのでまおちゃんといえば浅田真央ちゃんが浮かんだのですがそうではなくて小林麻央さん。でもワイドショー殆ど見ない私は乳がんで闘病していると言うのは知ってても顔すらよく知らないのです。

それでも、友人がRTした記事が流れてきたので読みました。

 

 

ちょうどこのBBCの大井さんという方が抜粋されたこの部分、何度読んでも泣けるんです・・。

そうですよね。簡単に誰かの人生をかわいそうだとか不幸だとか、そんなふうに言ってはいけないのです。34年間の中で夢を叶えた人なんだ。苦しいことにもがいた人だったんだ。彩り豊かな人生だったんだ。

今日のランチに来てくださった方に「小林麻央さん、亡くなりましたね」って話そうかと思った瞬間、この言葉を思いだしては何度も何度も涙がじわっと滲んできて、とうとう誰一人にもそんな話題は出せませんでした。

このBBCへの寄稿文はとてもすばらしいのでぜひ読んでみてください。

 

あー。

ちなみに今朝、面白い夢見てたんだよなあ。

楳図かずおの「漂流教室」と映画「メッセージ」に登場するヘプタポッドの時間の捉え方の共通点について考察すると言う夢でした。