読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

ドラマの話をしよう。「女囚セブン」

昨夜は常連のお客様とたっぷり、「CRISIS」や「女城主 直虎」のドラマ話で盛り上がりました。

さて今夜は「女囚セブン」の日。

www.tv-asahi.co.jp

実は剛力彩芽ってそれほど好きな女優ではないし、しかも女囚モノ、まあ観なくていいかと思っていたら、脚本は「ケイゾク」「SPEC」「安堂ロイド」「民王」など大好きなドラマを担当している西荻弓絵。監督は「怪談新耳袋」でデビューし、私はその名を「古代少女ドグちゃん」で知り、「殺しの女王蜂」も観た、豊島圭介が参加している。それなら観ねばなるまい。

芸妓だった剛力彩芽が何かの罠で殺人の冤罪を着せられ、獄中に。その彼女の情報を執拗に探ろうとする刑務官。物語は現在のところ、それぞれの罪で同じ獄中にある6人の女たちを一人ずつクリアしていきながら、全体の謎が炙り出されていくといった内容です。

剛力彩芽はだいたいは何があっても何をされても寡黙で、物語の後半に芸妓言葉で真実を言い当てていくという役です。そんなわけで観終わったあとには「剛力ごっこ」ですよ。

「あんたはんが悪いんやおまへん」とか

「罪は犯させるほうが悪いんどす」

とか、やりますよね。みんな、やってるよね?!

ほな、もうすぐうちも店を開けますさかい。お客はん、今日もお待ちしておりますえ。