cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

ドラマの話をしよう。「マッサージ探偵ジョー」

2017年1月期の「カルテット」喪失直後は「もう、ドラマなんて観ない・・・」と思うほどでしたが、結局4月期もいろんなドラマを楽しく観ている日々です。

今日はホントは今期の本命「CRISIS公安機動捜査特捜班」」や「リバース」、いやいやそれより先に「直虎」での高橋一生!これに尽きるでしょとか、そういうこと書こうと思ってたんですが、昨夜仕事が終わってから録画していた先週の「マッサージ探偵ジョー」をなんとなく観たら・・・! 今、これに言及せずしてなんとする!な気持ちになったわけです。

私は昨今のジャニーズの方々を全く存じ上げておらんのですが、主役の中丸くんという人、どのグループの人かも知らんのですが、「変身インタビュアーの憂鬱」で主演だった人ではないですか。「変身インタビュアーの憂鬱」と言ったら脚本・監督 三木聡ですよ。あの「時効警察」の。三木聡、「変身インタビュアーの憂鬱」以降、ドラマに関わってないですね。しかしこの「マッサージ探偵ジョー」はどこか三木聡が作っているのかなと思うような面白くてシュールな設定だけど、でも三木聡のが面白いかななんて思いながら観てたんですよ。

そうしたら先週の第5話、「恐怖のツボ」。

いきなり毎度のオープニングなし。そしてBGMなどなし。いきなり手持ちカメラで「仲間の誰かがこれを撮っている」という設定の、つまりはフェイク・ドキュメンタリー方式。しかも(一応)ホラー。私はホラーを殆ど観ないので思い出せる映像は白石晃司監督しかいないのですが、まるでそれを想起させるような暗がりでの手持ちカメラでの映像がテレビドラマの中でずっと続くと言うだけでもう興奮です!

ちゃんと、「友人が持っているカメラに向かって愛想をふりまく」とか「カメラを床に置いたまま」とか「震える手で持っている」「持ったまま逃げ惑って乱れる映像」など、そういうのもきっちり演出されています。いや、もうすっごく面白かったわー。

これからも楽しみです。

www.tv-tokyo.co.jp

さて、マタハリで今日も楽しく、映画やいろんなドラマの話が出来たらいいなあ。ご来店をお待ちしております。