読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

入れ替わる景色

朝、散り際の桜を眺めて店に来る。

夜、街灯のほのぐらい下の中でまだぽんぽんに咲いている小さなお寺にある桜、ほぼ随分散った川沿いの桜を数えながら散歩する。

桜は散ると同時にやわらかい薄緑の葉がつくのがいいね。

そして桜と入れ替わりに街路樹のいちょうの枝が静かに薄緑に染まるように芽吹くのも美しい。

そしてハナノキが白やピンクに染まり、それが終わると気がつけばつつじが咲き始めて、道沿いは濃い紫に飾られる。

その頃には、「ああ、藤の花を見に行かなくちゃな」なんてことが頭をよぎる。

春の景色が、コマ落としのようにひとつひとつ切り替わる。それに背中を押されるかのように前に前に進んでいく。ああ、いい季節だね。

4月の半ば頃、マタハリは夜が割と暇な日が続きます。毎年こうなんだけどなんでだろね。その分、毎日いろんな人とのんびりお話が出来ます。空いた時間に本も読めます。

今日も皆様のご来店を心よりお待ちしてますね。

f:id:mioririko:20170414105830j:plain

今年のまだ桜が咲ききってない時期の花見。

 

f:id:mioririko:20170414105446j:plain

昨日、八百屋さんにいただいた山つつじ。