cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

「大奥」を読んでいる

二月は「逃げる」と言いますが、三月は「さんざん」ですか?と言いたくなるぐらい、忙しかった2月の月がちょいと変わっただけで暇になる3月の昨日とおととい。いやそんなはずは。きっと3月もいい月になると思いたい。昨日もおとといも暇ではありましたが、どちらも楽しい、いい一日でしたから。

さて暇で、家に帰りつくのが普段より少しだけ早いのを幸いにと、家に帰ってマンガを読む。発売されたばかりのよしながふみの「大奥」14巻。

f:id:mioririko:20170303105919j:plain

まだ封も開けてません!

これを読むために、おとといは12巻を、そして昨日は13巻をじっくり読み返していたのでした。暇も楽し。

ところで今日はひなまつりですが、この13巻に雛人形についての表記もありました。江戸中期まで京都の御所は江戸の町人にとってその存在は遠かったのですが、江戸後期。雛人形が町に流行りだす事で京都御所の存在を憧れと共に感じる気運が流れ、それもまた尊王攘夷へと繋がっていくひとつになっていった、というものです。

それでは、今日も皆様のご来店をお待ちしてますね。今日もあちこちでいろいろと楽しい話題が花を咲かせますように!