cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

椿町

椿町。うちの店が存在する古いビルが立ち並ぶ街。

またひとつ、ビルの解体が始まるなあ。

f:id:mioririko:20170217105137j:plain

確か私が子供の頃。うちは決してお金持ちではなかったけれどもお金の使い方が偏ってて、例えばお肉類とお刺身や寿司には贅沢を許す家でした。その当時はまだ格安の焼肉やステーキのチェーン店もないし廻るお寿司屋さんもそんなにない頃でした。昼間から分厚いテンダーロインステーキを食べたり、子供が寿司屋で大トロやイクラやウニなどをいくら頼んでもそれは良いことでした。

ある時父親が「椿町は在日韓国人が多いので焼肉がうまいんだ」と言って家族を連れてこの街に来た記憶があります。その時に入った店が、この清香園だったと思うのだがなあ。ちょっと朧なんだけど。あれから何十年かを経て私はその椿町に店を構えたし、あの時の清香園は代が変わって改装し、そして今、このビルごと解体されて新しいビルが建つそうなのです。

椿町は戦後に建てられたビルが立ち並び、そこは市場として栄え、1階部分は八百屋、果物屋、精肉店、玉子屋、小豆や雑穀、米、昆布などの乾物店などがいっぱいあったけれども時と共にどんどん店は閉められ、いつしかビルごと新しいものに生まれ変わっていっています。気が付けばずっと、いつもどこかでビルが取り壊され、新しいオーナーによる新しい賃借人が営業する新しい店に変わっていってます。

勿論、私たちもたかだか16年前にここに店を作った余所者ではあるけれども、それでもまあ、いろいろと寂しかったりしますなあ。

 

さて金曜日。「この先」は誰にもわからないからこそ、一日一日を楽しみたいです。お待ちしてますね!