読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

うちのオトナは楽しそうでしょ?

「30代の恋って、20代のときに比べると楽じゃない? 20代の恋ってつらかったことない?」

先日、30代の女の子とそんな話をした。

20代の恋は楽しいこととおんなじぐらいつらいことも多かった。不安がいっぱいだった。自分に自信がなかった。すれちがう時間が会える待ち遠しさ以上につらかった。会えない時間が重く苦しかった。

30代のその彼女は恋が始まったばかり。恋と共にお付き合いもスタートしてとてもハッピーな様子。

うちの店には40代で恋が始まった人もいる。恋と共にお付き合いが、そしてこれからの人生のパートナーとしてお互いを考えるようになった。

その人たちのこれまではどうだったかというと、私が知ってる限りでも本当にいっぱいつらいこと、悲しいことがいっぱいだったんだよね。今この瞬間の笑顔にはそれが微塵も感じられないけれども。

うちの店のカウンターにやってくる大人たちはみんな楽しそう。映画や音楽やドラマやその他日常のいろいろ、楽しいことをいっぱい喋って、隣り合った人ともお喋りして、ニコニコして、笑ってる。もしかしたら若い子はそんな大人を見て「この人たち、アホなの?」と思うかもしれない。確かにアホかもなー(笑)。でもみんな、そのずっとずっと前には大切な人と死別したり、いろんなお別れがあったり、誰かにひどいことをされたり、体を壊したり、私なんでこんなことしちゃったんだろうと後悔するようなことがあったり、ほんといろいろなんだよね。けれど、今はこんな風に楽しそうな大人にしか見えない。

だから。

20代の、例えばそれが恋だったり家族のことだったり学校のことだったり仕事のことだったりで泣いている男の子や女の子。つらいことを経験するけれども、多分その経験があったからこそ、そのあとちゃんと楽しい大人になれると思う。とりあえずうちの店の大人たちはみんな楽しそうでしょ? 誰にもなにも出来ないけれど、つらいときは泣くしかないけど、楽しい日が先に待ってるからね。

泣いている女の子へ。