cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

2日(金)より通常営業です!

今日は店に行って仕込みや明日の準備などしてまいりました。

11月21日の緊急手術と入院のため、11日間、マタハリをお休みさせていただきました。

ああ、もう12月なんですね・・・。びっくりします・・・。

この11日間はきっと長いこと忘れられない日々になりそうです。

武田にとって初めての大きな疾患、突然やってきた初めての手術と入院。

それでも手術後はすぐに動き回れて1週間の入院のうちの殆どは病院で規則正しく快適に生活をする武田と、面会に行き病院で毎日4~5時間を共にする私の非日常の日々はなんだか楽しかったです。

日曜日は私はシネマスコーレで「ホドロフスキーの虹泥棒」を観たあと、店でプチだおんのライブを行いました。

月曜日午後に武田の退院に付き添い、火曜日は「この世界の片隅に」を観ました。

昨日は得三でショローCLUB(大友良英不破大輔芳垣安洋 ゲスト・山本精一)のライブを堪能。

ホドロフスキーの虹泥棒」も「この世界の片隅に」も「ショローCLUBのライブ」も、

私たちはいやでも年を取っていく。そこで日々は様々な楽しいことも起こるし悲しいことも起こる。得るものもあれば失うものもある。でも、生きていく。自分の力で溢れんばかりの音を生み出し、食事を生み出し、人との関係を生み出し、生きていく。私たちはこの世界の片隅で。どの映画もライブもそう感じて、生きていることが嬉しくて、泣きました。

退院後のこの4日間も日常生活にシフトしながらゆっくりといい日々を送ることが出来て、今日の夕陽を眺めながらこの特別なお休みが終わるのがちょっと寂しいけれども明日からがんばろうと、そう思いました。

明日から。お待ちしてます!