読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

重要なお知らせ

重要なお知らせが2点ございます。

1つめは、マタハリは11月いっぱい、お休みさせていただきます。

2つめは、11月27日に予定しております「プチだおん」ライブは予定通り行います。

 

皆様にはここ数日、いろいろとご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

武田は「慢性硬膜下血腫」と診断され、本日その手術を終えてきました。この後、1週間の入院となります。

今朝は、かかりつけの医院から紹介された頭痛外来のあるクリニックに行き、CTスキャンを撮りました。10月初旬にはCTでの検査に異常はなかったのですが、今回は脳内に出血などが見られ、すぐに手術することを勧められ、そこで頂いた紹介状を持って弥富市の海南病院へ。そこで再度検査をして手術・入院に同意し、午後3時にはオペをしてもらいました。脳内に100mgほどの血腫があったそうです。1時間ほどのオペのあと、武田はそのまま入院することになりました。なお、入院は1週間ほどで、その後すぐに仕事に復帰できるそうです。特にリハビリなどの必要もありません。手術結果も良かったそうです。

 

武田は元気です。ちなみに手術はなんと部分麻酔!頭蓋骨に穴を開けるのに部分麻酔です!! そしてもしかしたらまだ脳内になんやら異常があるせいか、術後やけにお喋りです。この3日間、記憶障害があり、自分が今どこにいるか、何をすべきか、何をやっているのか、わからない状態になってしまいました。今日もまだ、記憶がぼんやりとしています。それなのに術後に看護士さんにやけにお喋りする、しかもインドネシア語で余計なことを言う、だじゃれを連発する、下ネタも言う、もう本当におかしいです。

「あの・・・ふざけてるんですか?それとも頭がおかしいんですか?」

と看護士さんに言われる始末です。すみません、多分、頭がおかしいんだと思います、と答えると、突然起き上がったり術後の頭を触ったりしないよう、胴体の拘束と手にミトンをつけ、それも動けないよう拘束したりも出来ますがどうしますか?と尋ねられました。ここはもう穴の開いた頭から出ている管などを無意識に引き抜くことが本当に心配だったので拘束をお願いしました。

「この手袋、ミトンって言うんだよ」と言うとすかさず、

「ああ、みっとんもないものを着けられた!」とか言う。もうそんな感じでした。

 

さて私はといえば、割と大きな事件が起きると、あわあわしたりパニックになったり泣いたりとか目の前真っ暗とか、ないんですよ。最初のクリニックで手術を勧められたときからパーッと頭がさえて、負の感情がストップして、合理的なことしか考えなくなります。じゃあ何をどうしたらいいか、どう準備するかについてだけ考えて、そこであんまりネガティブなことは頭に上ってこないんですよね。お金のことも、仕事のことも、まあいいさなんとかなるって感じるし、やれることだけやろう、とそんなことしか考えてないんですよ。それで実は私は今日は始終笑ってたし、武田もまた手術後にはことごとく可笑しいことしか言わないのでクスクス笑ったり武田をなだめたり叱ったり。担当してくれた看護士さんには「もしかして看護士やってたんですか?」と聞かれたほどです。

とりあえず、今日の私たちはそんな感じです。

 

明日もやることは山積みです!とにかく元気になって戻ってきますので、それまで皆様にお待ちいただければ幸いです!