cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

おとといはお芝居を観た

おとといのお休みは、大須で行く夏を惜しみながらかき氷を食べ、その後、久々の大須七ツ寺共同スタジオにて芝居を見に行ってきました。

perky pat presents「霊長類 南へ」

perkypatpresents.wixsite.com

f:id:mioririko:20160907155716j:plain

人の欲望のグロテスクさを炙り出す筒井康隆原作の「霊長類南へ」。このお芝居ではそのグロテスクさだけでなく、誰しもどうせ死んでしまうこの生を最後まで謳歌して生ききる、そんな風に描かれていると感じました。

さて、これを観たあと、無性に本が読みたくなったなあ。

筒井康隆の「霊長類南へ」か、それとも「渚にて」か。

 

それにしても、七ツ寺共同スタジオでの観劇スタイルがものすっごく変わったことにびっくりしたわあ。みんな受付で靴袋を渡され、脱いだ靴はそこに入れ、ひな壇もそれほどない客席でぎゅうぎゅうに座って芝居を見るのが常でした。それがもう冷房はすっごく効いてるし、今回はほぼ椅子席、しかも厚手のクッション付きで快適さに驚きました。

 

さてさて今日もマタハリでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。