読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

楽しいこと、ある?

今日のお昼、常連のお客様で、多分私と同じ年ぐらいの自営業の男性が、

「ねー、なんか楽しいことってあるー?」とダルそうにおっしゃった。

人によって「楽しいこと」のハードルの高さが違うからなあ。そういう意味では多分、昔から私の「楽しい」のハードルは低い。思春期のころからどんなに気持ちが最低で楽しい予定が何一つ入ってなかった時でも「あ、でも今日は金曜日。『必殺仕事人』の日だ!」って思っただけでパァーッと気持ちがアガったし、「え、今日は20日!LaLaの発売日だ!」ってだけでもううっきうきだったし。

今は、夕陽のたんぼ道を散歩してるだけでも楽しい。

外からの風を楽しみながら家で食べる砂糖の入ったインスタントコーヒーと特価で買ったパンでさえ美味しいし、そんな朝が楽しい。

勿論、こないだのお休みに観た、シネマスコーレで上映中の「不思議惑星キン・ザ・ザ」は、なんだかとってもかわいいし面白かったし。


15年ぶりに甦る『不思議惑星キン・ザ・ザ』予告編

翌日にシネコンで観た「君の名は。」もむっちゃいい映画で、


「君の名は。」予告

どちらもいろんな人におすすめしたい。

おとといに友達に借りてすぐ読んでしまった「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」も、とてもいろんなことを考えさせられるエッセイマンガだったしなあ。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

 

「うん、なんかもう楽しいこといっぱいなんですけど・・・、と心の中でこんだけ喋りながら、「楽しいこと、あるー?」と私に問うその男性にニヤニヤしながら、「うん、あるよ」とだけ答えました。

 

楽しいこと、って「恋」と密接な関係にあると思うなあ。私の場合。

「恋」って、好きになって、だからそのことを知りたい、もっともっと知りたい、と思うことや、変えたいと思ったり、壊れたり、見つめなおしたり、そういうことなんだと思う。そういう心の中のダイナミズムが「楽しい」になっていくんじゃないかな、とか。とは言え私も随分と年を経て、そういう気持ちの振り幅も小さくはなって行ってるんですけど、それが映画だったり本だったりマンガであったりしても、何かに出会ってそこに恋が生まれると、小さく自分が壊れて、そして何かが生まれる気がしてる。

 

さてさて、今夜の営業が始まります。

皆様、心よりお待ちしてますね。