読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

吉良さん、安らかに。

日記

昨日は楽しい気持ちで家に帰り、PCをつけてまず最初に目に飛び込んできたのは、ZABADAK吉良知彦さんの訃報でした。

 

火曜日は、6月16日にガンのためお亡くなりになった、マタハリにずっと来てくださってたすーりんさんの仏前にお参りに行ってきました。思うのは死について。自分は死までの道程をどう過ごすのかについて。。残された人について。そして私たちは死の悲しみを共有できるのかどうかということについて。

そんなことばかり考えていたおとといと昨日でしたが、それでもマタハリに来てくださるお客さんに会い、面白い話を聞き、私も好きなことを喋り、いろんな楽しい偶然の出会いがあり、つまりは楽しい気持ちで帰路についたのです。

しかし家に就いて、またとても悲しいことが起こったことを知りました。

 

小峰公子さんや息子さん、吉良さんと共演した多くの方々、そしてZABADAKの音楽を愛しているたくさんのファンの方々の悲しみを思うと本当に本当につらい。言葉がありません。

マタハリで吉良さんのライブ「ギターと鈴と譜面台と私」、通称「ギタスズ」のライブは2回でした。他の方のライブとは全く異なるとても特異なライブでした。

演奏する曲はライブ以前にネットで募集した「聞きたい曲」。吉良さんはギターと鈴、そして吉良さんの歌で演奏していくのですが、曲によっては客席に座っているお客さんがコーラスを、それも美しくハモらせながら吉良さんの歌に重ねていくし、笛を持ってきた人も一緒に演奏していくし。しかもなんのリハーサルもなく!吉良さんだけでなく、ファンの方も一緒になってみんなで「ZABADAKの音楽」を作っていくことにとにかく驚いてしまったのです。

そういうたくさんのZABADAKを愛する人たちが今どんなに悲しんでらっしゃるかを考えると、私もただただ涙が出てきます。

私たちと吉良さんのお付き合いはまだ浅く、これからでしたのに。残念でなりません。

f:id:mioririko:20160707105206j:plain

2015年12月6日 ハポンで「ユカキラリタ」。

その前にお昼ご飯に寄っていただきました。

心よりご冥福をお祈りいたします。