cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

空に聞いてみた

今朝も「またひどい地震が起きたんだよ!」という武田の声で目覚める朝。

こんなに大きな地震が続いて昨夜もその前の夜も真っ暗な中、どれほど不安な夜を過ごしたことでしょう。

朝、私は車を駐車場に停め、店まで15分ほどの距離を歩いてきます。

公園にはチューリップや手入れされている木に咲いている名前を知らない花が、あたたかい色で咲き、ベンチには若い男の子たちがお喋りしてて、いつも夜になると歩道で寝ているホームレスのおじさんも普段通り同じ仲間の人や近隣のおじさんたちと談笑し、小学校の校庭ではゲートボールの音。音も色もなにもかもがとてものどかです。不可抗力の大きな災害が起きるたび、こののどかな時間と被災している熊本の時間は、同じ日本の、同じ時間の上にあるのだということに小さく動揺します。

あたたかくけぶる春の日差しを感じながら、たとえ明日は雨になろうとも、今日のこののどかさを楽しもう、ということですよね、と、空に聞いてみました。

 

土曜日の営業時間は、
11:30~14:00(ラストオーダー) ランチタイム
14:00~17:00 カフェタイム
17:00~22:00(21:00ラストオーダー) ディナータイムです。

今日のごはんは、豚肉・タケノコ・ピーマンのオイスターソース炒めですよ。

f:id:mioririko:20160416104610j:plain