読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

プロに体をジャッジしてもらう

お客様のこと

昨日は、昔から時々来てくださる女性、Aさんがごはんを食べにきてくれました。

あれ、Aさん、姿勢、むっちゃいいなあ。

昔から細身なんですけど、椅子の背もたれにもたれてなくて、そして背筋がピンと伸びている。

Aさんと、目とか見るとか読むとか記憶とか集中力とかそういう話の流れの中で、「それって結局、筋肉、なんだと思うんですよね。集中力も見ることも鍛えることで強くなったり保たれたりするようなことなんですよね」と言うと、Aさんは「そう、筋肉」と言い、

「実は私、頚椎ヘルニアをやって、その時整形外科で診察してもらったら『あなた、筋肉が全然動いてないわよ!』って言われたんです」

とおっしゃいました。

筋肉量はちゃんとあったそうなんです。でもそれが日常の中でちゃんと使われてなくて、まったく動いてない状態になっていたそうなんですよ。肩甲骨の周囲の筋肉を動かして、と言われても、それ、どこをどう動かしたらいいの?という感じだったそうです。

仰向けになって、両手を垂直に上げる。ただそれだけのことも、背筋や腹筋がないため、手をまっすぐに保てずにぐらぐら揺れていたそうです。また、座ったときにAさんは頬杖をついたり、またはなんとなく腕や手を机に置く習慣があったそうですが、それも首や上体の重さを支えてられなくて、自然に腕で支えていたということがわかったそうです。それで、整形外科のリハビリに3年半、根気強く通い、筋肉が無さ過ぎて普通の人のリハビリメニューがこなせないため、理学療法士さんが独自のメニューを考えてくれて、それで少しずつ筋肉を鍛えて言ったそうです。

最初に整形外科の先生はAさんにこう言ったそうです。

「始めるのに、遅すぎるということはないよ」と。

Aさんは今、反り腰も治り、姿勢もよくなったそうです。また、靴も見直して、シューフィッターにちゃんと計測してもらった靴を正しくメンテナンスしながら履く事で、更に姿勢が劇的に改善したそうなんですよ。

 

私は昔から、自分の反り腰を直すことがテーマなんですよ。

自分で自己流でいろいろやっているんですけどねえ。でも写真を見たりすると、あれ、私、体の左右バランスが悪い?と気付いてびっくりするんですよねえ。

Aさんの話を聞いて、整形外科の先生や理学療法士さん、そして靴の専門家などに、姿勢や筋肉の付き方、体のバランス、歩き方、などなどをきちんとジャッジしてもらうことって、すごく大切だし、効果あるなあと思った次第です。

今、五十肩真っ最中だし。今度のお休みこそ、整形外科に行ってみようかな。

 

さて今日は終日営業です。

11:30~21:00まで営業しています。

今夜はケジャン鍋のご予約も入ってまーす。

f:id:mioririko:20160109104857j:plain

ケジャン鍋も、このシーズンを逃さないでね~~。

 

おっと、今日は名古屋に、前田弘二監督、白石晃士監督、山下敦弘監督がそれぞれ来ているそうですね!しかも3人とも全員、名古屋駅方面で!なんか面白いですね。