cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

いろいろありました、この4日間。主にライブと映画が。

うううっ、今日もさぶいっすねえ!

これを打つ指もかじかんでますよ。

昨日は臨時休業を頂き、誠にありがとうございました。

ここんとこ、とても濃い日々でしたよ。

さかのぼってまず、14日(日)が、マタハリにて「オオフジツボ」のライブでした。

リハではヴァイオリンの壷井さんとギターの太田さんが,何故か渡辺真知子の「カモメがとんだ日」やあみんの「待つわ」、村下孝蔵「初恋」など、懐かしい80年代歌謡曲の名曲を次々と即興で演奏するという不思議楽しい時間があり、本番ではいつものオオフジツボが繰り出すドラマチックな曲にわくわくさせられました。満員御礼! 誠にありがとうございます。

明けて定休日。私はケイト・ブランシェットアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされている「キャロル」を観て、その後シネマスコーレで「白石監督名古屋征服宣言!」と題した、白石監督映画を観てきました。なんと、白石晃士監督と宇野祥平さんのゲスト付き!

そして翌日、武田は今池ヴァレンタインドライブにて「Expression Powwow」という即興のセッションに参加。アルトサックスの武田は、ヴォイス・パフォーマーとギタリストとの共演をしたそうです。

そして昨日!

藤井郷子オーケストラでした!

聞きながら、いろいろ思い出すなあ、この18年を。いろんなメンバーの変遷。出会い。それらの思いが、今回も凄かった藤井さんの大作の中に渦巻かれていくようでした。

さて、3月6日には、マタハリにて佐藤研二さんのソロライブが控えております。

予約状況は好調です。皆様のご来場をお待ちしてますね。