読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

女ふたりで。

お休み情報

今年一年観た映画で、私にとってのBest Movieはなんだったかなあ。

それを振り返るためにも、今日は今一度、アンコール上映でかかっていたグザヴィエ・ドラン監督「Mommy」を観た。

mommy-xdolan.jp

ああ、やっぱり3人のあのダンスシーンでまた泣いてしまったなあ。

セリーヌ・ディオンの曲のところ。

大根監督の作品もそうだけど、グザヴィエ・ドラン監督も映画と音楽が分かち難いというか、「ああ、この音と映像の中にいつまでも浸っていたい」という多幸感があるなあ。


Céline Dion - "On Ne Change Pas" - (Mommy Soundtrack)

いつもは映画は友達かまたは武田と行くのだけど、今日は久々に一人で映画。

一人でスクリーン見つめてニヤニヤしたり泣いたり発見したり音に心を揺らしたり。

この「Mommy」という映画の中で、女二人、ちょっとお酒飲んで、ちょっと下ネタみたいな会話になって、思わず吹き出しちゃって、そんでいつまでもバッカみたいにゲラゲラ笑っちゃうシーンが大好き!

私は「Mommy」は母と子の話、というより、男顔したデタラメで不屈の女・ダイアンと失語症を抱えるカイラという二人の女の物語だと思って観ている。

 

映画のあとは、私も女友達と待ち合わせして飲みに。

会って早々、人混みの名駅コンコースで二人で爆笑して、笑ったついでに腕組んで、いい年した私らふたりはまだ飲んでもないのにへらへらしながら歩いて、居酒屋で笑いながらいつまでも喋ってて。

頭の中ではずっと音楽が鳴っている。

「私たちは変わらない。

私たちは自分自身である時を隠せない

と歌うセリーヌ・ディオンの歌が。