読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

中学。あの頃の私は。

日記

最近読んでいる本。友達が貸してくれた本です。

村田沙耶香 著 「しろいろの街の、その骨の体温の」

第26回三島由紀夫賞受賞の小説です。

f:id:mioririko:20151120103743j:plain

店で、時間が空いたときに少しずつ読んでいるのでなかなか進まないのですが、読んでいる時間はとてもドキドキして、どこか体が緊張してギュッとなっている・・・この小説の主人公の少女、結佳のように。

小学4年生、そして中学2年生になった谷沢結佳。膨れ上がる自意識と未成熟の少女の体が骨を軋ませるようにギシギシいっている。色彩豊かな土地を破壊してニュータウンという名の白くて灰色の街が生まれ、どこまでもそれは成長し続けると思いきや、経済の失速と共に街の成長は止まっている。その逃げ場のなさ、閉塞感は、そのまま結佳を苦しめる何かの象徴のようにのしかかっている。

中2の彼女がクラスのヒエラルキーの中でなんとか「中の下」あたりに生息し、目立たないよう、そして自尊心を破壊されないように生きている姿や、ちょっとしたエピソードでたやすく恋に落ち、「片思い」という怪物を心の中にはぐくむこの頃の少女たちの姿を、丹念に描いている小説です。

読んでて、本当にドキドキして震えちゃうなあ。

「あの頃は良かった」的じゃないもの。あの頃の心の中は、本当に日々大変だった・・・。多分、年を取れば取るほど時間の流れがあっという間なのは、あの頃がそれほど、1秒1秒が大変だったからじゃないか。

かつて中学生だった大人の皆さんに読んでほしい1冊です。

読んだら、この本の話がしたいな。

 

さて本日の営業は、

ランチタイム 11:30~14:00ラストオーダー
ディナータイム17:00~22:00(ラストオーダー21:00)

です。

ちなみに23日(月・祝)は祝日なので営業します。明日から多くの方が3連休ですね。楽しみですね! マタハリでも皆様のお越しをお待ちしてます。