読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

きのうのできごと。

月曜の朝。

お休み明けの出勤でブルーな気分の人もいるかもしれないけれど、ツイッターを開いたら私のタイムラインには楽しかった昨日を綴る言葉がキラキラと溢れてました。

知り合いのお店でも、いろんなことがあった特別な一日だった方も多いみたい。

私にとっても、いい一日だったなあ。

土曜日のお昼は、開店前からたくさんのお客様が待っててくれて、開けた途端に満席という慌しいスタートでしたが、日曜のお昼は早くから来てくださった1組のお客様がいらっしゃっただけで、あとはずーーっと暇ーなスタートでした。

最近、日曜お昼のスタートが遅いのよねえ・・・。

ところが12時半頃から突然お客様が次々と来店してくださって、結局は忙しいランチタイムになりました。

そんな時間に来てくれた、仲の良い同業者であり常連のSさんともゆっくりお話しする間もない。

「今日、このあとはどうするの?

名古屋まつりもやってるけど、今、ブックマークナゴヤっていうイベントがあってね、

本山のシマウマ書房っていう本屋さんで今、短歌をモチーフにした絵の展示がやってるんだよー」

と言うと、Sさん、「あ、行く行く!」とおっしゃって、すぐにシマウマさんに行かれた模様。

ランチタイムが終了してカフェタイムになっても、ありがたいことにお客様の足が途絶えず。

グラスなどの洗い物もいつまで経っても片付きません。

15時過ぎ。

先月の同窓会で35年ぶりに再会した中学の同級生、Kちゃんがお友達と一緒に来てくださいました。

Kちゃんは同窓会でとっても会いたかった友達の一人でした。

中3の時、私は大好きだったKちゃんと交換日記をしていました。それは今でも宝物。

自意識ばかり強かったあの頃の私が、抑えきれないいろんな思いを誰かの目に触れることを前提として言葉を綴っていた最初の経験だったかも。そういう私をふんわり受け止めてくれていたのがKちゃんでした。

Kちゃんに会えて嬉しかったなあ。また会いたい!!

ディナータイムが始まった17時。

若くてキュートな3人組のあとに、きれいに装った、多分私と同年齢ぐらいな女性3名様が続いて2組、来てくださいました。

お急ぎのようだったので何かとお尋ねしたら、これからシネマスコーレで故・若松監督の「連合赤軍 あさま山荘への道程」上映と、そしてARATAさんたちのトークイベントがあるとのこと。

え?そしてその開場まであと20分???

そのため、お作りする順番を入れ替え、オーダーも変更していただき、

「どなたかお一人、急いで食べたら先に映画館に入場して、そして席を取っておくのがいいですよーー!!」

「タイカレー、こっちでごはんにかけちゃいますねっ!」

などなど、もう一気に戦闘状態ですよ。

あのあと、皆さん無事に着席して、そして落ち着いて映画鑑賞できたかなあ。急いで食べて、具合悪くなったりしなかったかしら・・・。ちょっと心配です。

その後、夜も多くのお客様に恵まれ、満席で申し訳ないながらお断りせねばならないことにもなってしまいました。

そして19時。

お昼にお客さんにご紹介したシマウマ書房の鈴木さんが、原画展を開催されている安福望さんと共に来てくださいました。

安福さんは、現代短歌をモチーフとして、とっても素敵で美味しそうな絵を描いてらっしゃる方のようです。

shimauma01.jpg

最近、また「短歌」に関するご縁が増えてる気がする。嬉しいー。

昨日はこんな、めっちゃ忙しくって、そしてすっごく嬉しかったことがいっぱいの一日でした。

今日はお休みでーす。

今日は、好きなところにいっぱい行こうっと。