読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

俺たちは後ろを向いて走ってるのか?!

お店でも最近、秋ドラマの話をしている声が耳に入ってきます。 私は現在始まったドラマでは、 先日書いた「偽装の夫婦」の他は、 「掟上今日子の備忘録」 西尾維新・作の、1日ですべて忘れてしまう探偵、掟上(おきてがみ)今日子をガッキーが演じるドラマ。 西尾維新は読んだことないですが、このドラマを観ていると記憶とは言葉であり文字、そして文字に込められた魂。そんな感じがしますね。 「破裂」 禁断の医療モノのNHKドラマ。椎名桔平が心臓を若返らせる研究をしている心臓外科医。その治療が及ぼす副作用に目をつけるエリート官僚に滝藤賢一。 を観ていますが、更にアニメも幾つか。 その中で、私がいっちばん心奪われてしまったのが、これ! 「おそ松さん」!!! そう、あの赤塚不二夫の!! 613531.jpg あの「おそ松くん」のその後の物語、なのですが、 スリルを感じるほどのシュールさ!! 驚きの嵐ですよ!! ニコニコで第1話を無料視聴してるそうなので、良かったら観てみてー!! おそ松さん 第1話 ところで最近、こういうの多いなあ。 「夜のヤッターマン」、実写版「ど根性ガエル」、などの名作アニメの「その後」モノ。そして今また新たに作られた昔のファンを全く裏切らない「ルパン三世」とか、ルパン三世の世界観に新たな視点を加えた「峰不二子という女」などなど・・・。 面白いよ!どれも面白いよ! しかし、ふと、俺たちは後ろを向いて走っているのか?!という疑問にとらわれる。 いや、なんだろう。 私達が子供の頃、とても無条件に堪能していたマンガやテレビアニメという世界、どこか永遠に続く幸福を思わせてくれたあの世界を、今この時代、そしてもとっくに子供ではなくなってしまったこの年に観ることで、私たちは何を得て何を失ったのか、何を信じてて何を信じられなくなっているのか、そんなことをきょろきょろと振り返りつつ、やっぱり前に向かって歩くしかないんだ、とそんな気持ちになるのです。 ま、御託はいっか(笑) とにかく、大人になったおそ松さん達はとんでもなくクズで、ダメで、そして笑えます。 笑ったあとはマタハリに遊びにきてくださいね。 今夜も皆様のご来店を心よりお待ちしています。