読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

季節

日記

夏と冬、どちらかが好きかといえば、冬なのです、私は。

だから、夏の終わりを感じる今日この頃、少しだけやってきたこの涼しさに嬉しさを感じるのですが、同時に寂しくなるのはなんででしょう。冬の終わりに寂しさは感じないのですが。

あれ、日が暮れるのはこんなに早いんだ、と気付いた瞬間、小さなさみしさが心の中にぷつりと染み入るような感じを受けますね。

おとといと昨日のお休みは、岐阜県奥飛騨に行ってきました。

新穂高ロープウェイ近くの中尾高原というところに宿をとりました。

少し硫黄臭のする温泉がいっぱい沸いています。

温泉地って本当に地の恵みといいますか、温泉がどんどんと沸いていて、とっても贅沢な感じがしますよねー。

そしてその温泉、入ると肌がつるっつるになるんですよ!化粧水要らず!

温泉をたっぷり堪能して、宿の心尽くしのお料理をいただいて、本当にいい時間を過ごしました。

お天気が残念ながらそれほどよくはなかったのですが、目の前に迫る濃い緑をした北アルプスの山々!圧倒されましたよ。

さてお盆の営業日はほぼ毎日忙しい日々が過ぎていきました。

ありがとうございます!

そして季節柄なのか、小さな旅が終わったせいか、

今日の私の心の中には死についてとか、老いていくことについて、そういうあれこれが漂っています。

FACEBOKKでいうところの「友達」も、気がついたらもう4人の方が亡くなっています。

ながーいながーーい時間の中で、私達が生きている時間というのは本当にひとつの季節なのでしょうね。いつか季節は過ぎる。終わる。

今日はそういう切なさを心に宿らせながら、仕事をしています。

さて、そろそろ夜からの営業が始まります。

今日も皆様のご来店を心よりお待ちしております。