cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

春光乍洩

やっと!夏だ!って感じの青い空と入道雲の名古屋です。

7月20日。

今日がマタハリの14周年です。

本当にありがとうございます!!

そしてこれからもどうぞよろしくお願いします!!!

「cafeロジウラのマタハリ春光乍洩」

最後の4文字、「春光乍洩」ってどう読むんですか?なんですか?ってよく聞かれます。

これは、ウォン・カーウァイ監督の映画「ブエノスアイレス」の原題なのです。

私が「ブエノスアイレス」という映画に出会った1998年。

その頃はインターネットが大きく普及した頃と重なり、私はこの映画を通じて実に様々な人と出会い、新しい体験をし、そして人生の転機を迎えました。

だからこの映画のタイトルを一つの記念碑のように、店名に付けたのです。

ウォン・カーウァイの映画は、「人生は孤独がデフォルトなんだよ」といつも言っているように思います。

一瞬すれ違っただけの人に恋をする。

腐れ縁のような関係で身近にいる人がいる。

大切な友人がいる。

そのどの人とも、お互いの人生の都合によっていつかは別れていく。

心の中にずっと忘れ難い思いを残しながら。

私は、ウォン・カーウァイの映画は、そういうことを描いているのだと思っています。

切ないです。

でも「ブエノスアイレス」の最後のセリフはこうです。

「会いたいと思えば、いつでも会える」

ブエノスアイレス.jpg

今日も皆様のご来店を心よりお待ちしております。

さて、最後の14周年感謝デー!

14周年に因んで夜5時から、

1400円(2時間飲み放題+おつまみ1品付)

というのを出します。

お一人様からでもOKです。

よろしければご予約くださいね。

かなりお得だと思います。

自信を持ってオススメします!!