読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

センパイの店

雨上がりで雲は夏の雲みたいで、そして何もかもキラキラしてて風も爽やかな素敵な土曜日!

本日の営業時間は、

ランチタイム 11:30~14:00ラストオーダー

カフェタイム 14:00~17:00(ドリンク・デザート・軽いおつまみメニューなど)

ディナータイム17:00~22:00(ラストオーダー21:00)

です。

ところで「先輩の店」と呼んでいるお店があります。

学生時代の先輩でもないし、それどころか行ったことさえありません。

その店はとても小さな店で、丈夫そうだけど結構お年を召した男性が一人でやってるお店。きっとご近所に住む常連さんしか来ないお店。とても安くて夜はお酒をちょっと飲んで軽く食べて帰るようなお店。

きっとずっとそこでやっているのかなあって感じのお店で、なんていうのかなあ、いいなあって思うんですよ。私も、もっともっと年を取っても、こんな風にお店をやっていきたいなあって思うから、勝手に「先輩の店」って呼んでるんです。

「あ、先輩、今日はもうお仕事終わったんだな」

「先輩んとこ、今日は遅くまでやってるなー」とか、

帰り道、いつもそう言いながらその店の前を通り過ぎるのです。

いつまでもずっと頑張ってて欲しいなあ、私も頑張るから!って思うんだけど、

いつまでも、ずっとは叶わぬ夢。

なんだってそうですよね。

そうそう、東京にあるシネマート六本木という映画館も来週、閉館を迎えるそうです。私はこの映画館には行ったことはないのだけど、時折スケジュールをチェックしたりしてたんですよ。

私が香港映画にもっとも恋をしていた時代の一つの象徴のような場所でしたから。

それは私が30代後半のころだったけど、あの時代はまさに「青春」と言っても過言ではないなあ。それがまた一つ、終焉を迎えるというのはとても胸が痛みます。

誰かが、いつまでもずっとそこにあって欲しいと願う場所。でも、変わらないものはないのですよね。

変わっていってしまうからこそ、それまでの間、精一杯過ごしたいな、とそう思う今日この頃です。

では今日も皆様のご来店を心よりお待ちしております!