読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

横尾忠則「病の神様」

本日、土曜日の営業時間は、

ランチタイム 11:30~14:00ラストオーダー

カフェタイム 14:00~17:00(ドリンク・デザート・軽いおつまみメニューなど)

ディナータイム17:00~22:00(ラストオーダー21:00)

です。

ランチメニューは3種類。この中のどれかをお選びください。

①今日のごはん(あさりと舞茸のかきあげ コチュジャン添え)←ボリューム満点!

②今週のタイカレー(グリーンカレー

パッタイ

食後にコーヒーかゆず茶が付いて850円です。

また200円の追加でデザートにマンゴープリンをお付けすることが出来ます。

3月に帯状疱疹を患った私に、友達が横尾忠則のエッセイ「病の神様」という本を貸してくれました。

読んでみるとなかなか面白いのです。

横尾忠則さんは自分の直感をとても信じています。

けれど西洋医学の先生の言うこともちゃんと聞き、また時には友人の進言に従って東洋医学の先生の元に通ったりもします。精神論の人ですけど、しかしそれだけでもない。時に気功の先生に習って自分の体を自分で整えるよう気をつけてたり。

とにかく、その時その時においてとてもフレックスな選択をする人なんですね、横尾忠則さんは。

そのエッセイの中で禅寺で座禅を組んでいるときにお坊さんによく言われたという言葉を載せてました。

「事実を事実として見なさい。人間はそれがなかなかできず、あれこれ理屈をつけて分別で物を見る」

これは大乗仏教の中の教えだそうです。

ううーん、宗教って本当に哲学なんだよなあ・・・。

なぜかこの言葉が病気だとかそういうことから離れて、今思っているいろんなことにふっと降りてきて、なるほどと思えるような、そんな感じでした。

さて今日も心を落ち着けつつ、そして楽しく、いい仕事が出来ますように!

皆さんのご来店を心よりお待ちしております。