読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

私の原点。鳴子の「みるくモ~モ」

日記

土曜日は11:30~22:00まで終日営業です。

ランチタイム 11:30~14:00ラストオーダー

カフェタイム 14:00~17:00(ドリンク・デザート・軽いおつまみメニューなど)

ディナータイム17:00~22:00(ラストオーダー21:00)

です。

「今日のごはん」は豚肉・ナス・ピーマンの辛味噌炒め

「週替わりタイカレー」はグリーンカレーです。

先日、お客さんと私の20代の頃の仕事の話をしてました。

あれは、私にとって原点のひとつになってるなあ、と思える仕事です。

お菓子関係の製造メーカーの会社に入った私は、その会社が直営している子供向け駄菓子屋さんの店長をしばらくやっていました。

緑区鳴子小学校の近くで、「みるくモ~モ」という店でした。

10円から50円ぐらいまでの駄菓子、30円のたこせんべい、子供たちと遊んでいるうちにいろんな色を混ぜて作り出した100円のシロップジュース。

ベビースターはカップラーメンやカップ焼きそばもありました。私はそれにお湯を入れます。子供たちは店でそれを食べて、そこから塾に通ったりしてました。

あの当時、私は自分の名前を名乗らず、子供たちに「おばちゃん」とか「おねえさん」とか呼ばせず、「謎のインド人 チャダ」という名前で通してました。

子供にとっての社交場、子供にとってのBAR、そんな店でした。

あのとき、よく来ていた子供たちは・・・なんともう40歳前後?! 驚いてしまいます。

今、思いついて「鳴子 みるくモーモ」でググってみたら、あの店を懐かしむmixiのコミュやブログなどがいくつか出てきました。

「おばあちゃんになったら、駄菓子屋さんがやりたい」

当時、学生だった頃の私がぼんやり思ってた夢でした。

それが20歳半ばで叶ってしまいましたよ。

さあて、今からまた、どんな夢をぼんやりと思い描こうかなあ~。