読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

船橋音楽資料館のこと

日記

早くに咲いてしまった桜。今年は見る時期が難しいですね。

明日からは雨だというし。

私は先週、岩倉の五条川沿いに咲き誇る桜を見てきました。

しかし実際はほんの10分ほど散歩しただけ。

その日の目的は、その五条川の近くにある「船橋楽器資料館」に行くことだったのです。

あまりに良かったので、たくさんの方にここをご紹介したいです。

船橋.jpg

そこは船橋さんという方が仕事の傍ら、こつこつと集めた民族楽器を展示している個人資料館です。

船橋さんは三味線をなさってるそうで、文化交流のために諸外国に行く機会が多かったそうです。それはアフリカの奥地だったりアラブ圏だったり紛争の激しい地域だったりどこかの国の王族の家だったり・・・。そこでご自身で買い集めたものだそうです。

それをきちんと手入れして大変きれいに展示してあります。

私たちはそれを見たり、楽器によっては音を出させてもらったり。

そして船橋さんによる愛情溢れる解説がとても楽しかったです。

私は、琵琶にひとめ惚れしてしまいました。1本の木で作られた琵琶のその美しさ。

胴のところには細い三日月の形をした穴が2つ開いてます。

形は、アラブの楽器、ウードに大変よく似ています。

アラブから中国へ、そして日本へと伝わった楽器だからです。

遥か彼方の昔に作られた楽器たち。その時代とそこにある音楽を思うと、不思議に胸が熱くなってきます。

ヴィブラフォンの元になった、木製の鍵盤の下にいろんな長さのひょうたんがぶら下がった楽器だとか、1本の弦の琴、たくさんの弦の竪琴、そこから生まれる音・・・・。とにかく楽しめます。

是非皆さんも一度、足をお運びくださいね。

さて。

マタハリは4月は前半まで結構暇なんですよー。

まあ毎年そうなので、のんびりいきまーす。

みなさん、よろしければこの時期にのんびり寛ぎにきてくださいね。

おまちしまーす。