読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

「好きなもの」が人生を変えていくね

本日,金曜日の営業時間は、

ランチタイム 11:30~15:00(14:00ラストオーダー) 

ディナータイム17:00~22:00(21:00ラストオーダー)  

です。

日替わりの「今日のごはん」はやわらかチキンカツ スイートチリソース添え、

週替わりのタイカレー、今週はイエローカレーです。

先週ですが、若い女性で、レスリー・チャンの出演する映画を観たばかり、というお客様が立て続けにいらっしゃいました。

お一人はウォン・カーウァイ監督「ブエノスアイレス」を観て、きっと私と一緒であの映画に激しく心を揺さぶられ、いろいろ検索しているうちにうちの店に辿り着いたという方のようでした。

1998年。私はたまたま観た映画「ブエノスアイレス」に激しく衝撃を受けました。そしてこの映画との出会いは私にとってその後の人生を変えるものとなりました。それでうちの店は、「ブエノスアイレス」の原題である「春光乍洩」を店の名前としていただいているのです。

news-pct.jpg

さて、そのお客様は私が当時書いた「ブエノスアイレス」の感想をネットで見つけ、それで来て下さいました。

今はリンク切れになっている記事です。

これです。よく見つけてくださったなあ・・。

快楽有限公司「ブエノスアイレス」

ものすごく嬉しかったです。

その翌日に、チェン・カイコー監督「覇王別姫」にハマってしまってそこから大きく興味が広がっていったという方がいらっしゃいました。

どちらの方もとにかく目がキラッキラ!

とっても大切なものを見つけてしまった、という喜びと苦しみに輝いてます。

そう、好きになるとちょっと苦しいんだよね。

何かをとっても好きになるってことは、自分の中にある何かと向き合ったり、改めて気付いたりするってことだから。

彼女たちとまたいっぱいお話して、彼女たちの見つけた「好き」をもっと聞きたいなあ。

ところで昨日は、そんな「好きなもの」をいっぱい書くためのノートを頂きました。

きっとこのブログを読んでくださっているかしら。ありがとうございます。

その話は、また明日。

では今日も皆様のご来店と皆様の「好き」をお待ちしております。