読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafeロジウラのマタハリの日々

名古屋駅西にある隠れ家的な小さなカフェ、cafeロジウラのマタハリ春光乍洩です。2001年7月から営業しています。 http://cafematahari.com

またネタ仕込んだとか、思ってるでしょ

日曜夜。雨が降っていました。そのせいもあって夜はお客様少なめで、仕事が終わって掃除をしながら、なるべく早く家に帰りたいねと話していました。それでも21時に閉店しても片付け終わって店を出る頃には23時ぐらいにはなっていたかな。でも日曜夜にしては、私たちにとっては早めに帰宅時間でした。

いつものように太閤通りを西に向かって走らせていて、そして中村区の大門を越えたあたりの小さな交差点が迫ってきたとき、歩行者信号が赤に変わるのを見ました。

『車がその交差点に入る頃には赤に変わるなあ。スピードあげて突っ切れないこともないが減速して止まっておくか。』

ちょっと迷う局面だったけどそう思って停車しました。しかし、一瞬、かすかに嫌な予感がしたんですよね。止まって2秒ほど置いてガシャーンと音がして車に衝撃が走りました。

うわー、マジか!やられたーーーーー!!!

ホントに、瞬時に名前の付けられないとても嫌な感じが心の中を走りますね。

ところが音は結構派手だったので頭の中で想像した車の大破とかそういうことはなく、思ったよりも車は大丈夫でした。軽自動車だけど、あんたようがんばってくれたなあ。私と助手席に乗ってた武田も、軽いムチ打ちだけどもまあ大丈夫。検査は念入りに行っていきますけどね。

なんかまあ、考えたらいろいろとありますなあ。

警察の取り調べも終わり、帰りの車の中で武田が、「あんた、またいいネタ仕込んだとか、心の中で思ってるでしょ」と言いました。

「そんなん、あたりまえじゃん」と私。

毎度のことですが、ネタにしてお話できるぐらいでよかったです。

ここには書けないいろんなはなしがあるので、是非誰か、お喋りしに来てくださいねー。お待ちしてます!!

マタハリの今日のごはんは、若鶏の天ぷら コチュジャン添えです。

f:id:mioririko:20170329110549j:plain

タイカレーはレッドカレーです。

f:id:mioririko:20170329110613j:plain

映画の前に

テーブル席のお客様の声が耳に入ってきます。

ふむふむ。どうやらこれから、映画に行くようだな。。。

何年か前はここから歩いて5分ちょっとのところにスターキャット系列のゴールド・シルバー劇場がありました。私が学生の頃は「ヘラルド系列」と言ってましたが、私自身も昔からよく利用していた映画館です。

以前はゴールドやシルバーにこれから行く方たちがマタハリに来てくれてたもんです。今は大きな映画館と言えばミッドランドも109シネマズもマタハリからはちょっと遠い。それでもミッドランドなどへ行く人たちが映画の前にゆっくりとランチタイムを過ごすのにマタハリを選んでくれるのは、嬉しいなあ。

ちなみにシネマスコーレで映画を観る前にマタハリに来てくれるのはひとりで映画を観にいらっしゃる映画ファンのお客様が多いです。今、夜の最終上映は私の大好きなジョニー・トー監督の「ホワイト・バレット」。夕方からやってるかつての伝説の自主上映作品「ゴンドラ」も話題になっているようですね。

映画の前に、上映が終わったあとに。

どうぞマタハリでお待ちしてます。

f:id:mioririko:20170326144737j:plain

恋をしなくてもいい時期など、ない!

ここ最近、仲良しの何人かの方からこういうセリフを聞きました。

「どうしても仕事が大変すぎて、恋愛に気持ちが向かない」

「家のこととか親のこととかでいっぱいだし、出会いもないし」

そして昨日は

「就活で忙しいから人と付き合う暇もないかなあ」

それを聞いて、誰かと付き合うのも一期一会だし、就活とか仕事とかいろんな理由で後回しにしてていいのか?と思ったのです。

恋って、自分とは違う他者を好きになって、振り回されて、わけわかんなくて、そして自分を破壊するもの。それでも、その壊れたことで自分の中に開かれる何かが生まれ、そこから新しい細胞が生まれていくように、自分が少しずつ変わっていく。今までとちょっと違うものが見え、今まで知らなかったものを知る。それはみんな、恋が生み出していくもの。私は、恋とはそういうものだと思っている。

みんないろいろ大変だけど、それは恋をしなくてもいい理由にはならない。

そんなことを思う今日この頃。春のせいかな。

f:id:mioririko:20170323111119j:plain

今日も皆様のご来店をお待ちしてます~!

 

西から繋がる熱いリレーの最終地点!!佐藤研二ライブ!!

今夜は佐藤研二さんのソロライブです!

月曜ですが祝日のため、マタハリはランチタイムの営業をいたします。

今日は、

11:30~15:00まで(ラストオーダーは14:00)です。

 

さて夜は、大槻ケンヂさんやROLLY、その他J-POPのミュージシャンのライブやレコーディングに参加し、マタハリにも馴染み深い鬼怒無月さんや梅津和時さん、芳垣安洋さんなどとも共演を重ね、そんな多忙な日々の中でも毎年毎年自身のソロアルバムを作ってソロツアーを行う、佐藤研二さんのマタハリでのソロライブです!

f:id:mioririko:20170320103232j:plain

はぁ~~い、いらっしゃ~~~い♥

 

マタハリでの最初のライブは2006年2月。だからこれで11年目。

あの時は「マルコシアスバンプのベースの人だったらしい」としか知りませんでした。「そりゃ確かにあのバンドはベーシスト凄いって記憶はあったけど、でもどうなの?」って思ったし、「でもなあ、鬼怒無月さんからの紹介だし、断れないなあ」というのがあの頃の正直な気持ちでした。

でも、マタハリでのライブが終わった時には、なんつうかなあ、「引き受けよう!」って気持ちになったんです。これからも佐藤研二さんのライブ、マタハリで受けようって。佐藤研二さんの演奏は、ライブを受ける店にとってそう思わせるような演奏だったのです。

今回は静岡から始まった西のツアーは9箇所。多分ですね、どこのお店の方もみんなそう思って佐藤研二さんを待ち、そして次の場所へと送り出しているのではないかなあ。そんな熱い音楽と想いのリレーの最終地点が今年はマタハリです。

当日でも構いませんので、是非聴きに来てください。お待ちしてますね!

f:id:mioririko:20160612072037j:plain

↑2016年のでら!マタハリ・オールスターズの佐藤研二さん

 

f:id:mioririko:20170319110652j:plain

11枚目の新ソロアルバム。乞うご期待!!

 

3月20日(月・祝)
春の佐藤研二 SOLOIST 11th リリースツアー
17:00開場 18:00開演
2.800円 (1drink付き)
場所 cafeロジウラのマタハリ春光乍洩

名古屋市中村区椿町9-21 椿ビル(旧・真弓ビル)1F

CD棚とマタハリライブの歴史

おとといの夜、思いついて、お店のCD棚の整理をしています。

CD屋さんの棚のように、アーティスト名や楽器のジャンル分けでインデックスを作って取り出しやすいようにしておこうと思ったのです。

そうやって整理してると、佐藤研二コーナーが、鬼怒無月・壷井彰久コーナーが、佐藤芳明・伊藤志宏・岩川光コーナーが、梅津和時・多田葉子・関島岳郎コーナーが、滝本晃司コーナーが、どんどんと厚みを増していっています。それらはマタハリでのライブの歴史にも重なっていて、とてもしみじみします。

f:id:mioririko:20170319110814j:plain

今日も一日、11:30から21:00まで終日営業です。皆様のご来店をお待ちしております。

明日の夜は18時から、佐藤研二さんソロライブです!

f:id:mioririko:20170319110652j:plain

 

昨日も楽しい一日

昨日も一日中、お久しぶりの人や好きな人に会えて、いろんなお喋りも楽しくて、とてもいい一日でした。

そして家に帰ってとても好きな香りのお風呂に入る。

ああ、もうシアワセ・・・。

三連休。今日も一日、マタハリでお待ちしています。

f:id:mioririko:20170318102313j:plain

お久しぶりが続く三月

三月と言うのは人生の節目、季節の移り変わりに伴う別れの季節でもあるので、昔からちょっと苦手。

でも今年は、一番つらいお別れはドラマ「カルテット」が終わることだーー!(それぐらいだ、でもそれがつらいっっ!!)

いやいや今日はそのことは置いといて、この三月はお客様の引越しや転勤や卒業などなどに拠るお別れがなくてほっとしてる。

そして三月は「お久しぶりだね!」という方もよくいらっしゃる月で、それが続いててとても嬉しい。

ずっと以前よく来てくれてた女の子とか、ランチでよく来てくれてた男性とか。

お久しぶりですね、と声をかけると、「5年前に東京に引っ越してて今日はこちらに久しぶりに」とか「覚えててくれるんですか?」とか「大学に入ってもう4年過ぎて」とか、もうそんなに経ってたの?と驚くほどその人が最後にマタハリに来てくれた日と今の間に時間が隔たっていた。その間、女の子はみんなすっかりきれいになっていたりして、そういうのを見るととても嬉しい。いろんなことがあったけど今は元気そうなのも嬉しい。

この三月は私の昔からの古い友人にもいっぱい会えた。10代の頃の、または20代の頃の。

三月は半分が過ぎましたが、まだまだ嬉しい「お久しぶり」が続きますように。

今日も皆様のご来店を心よりお待ちしております。